本文へスキップ

天馬・共和グループは循環型社会の構築に貢献し続けます。

TEL. 072-677-2005

営業時間:9:00~17:30

新着情報・FAQ news & FAQNEWS&FAQ

新着情報

2017年6月
この度、プライバシーマークの更新を行いました。お客様よりお預かりした個人情報は、安全かつ確実に機密抹消処理いたします。
2016年11月
3日、当社リサイクルセンター豊中の地元で、製紙原料の納入先でもある福山製紙にて≪福山サンクスフェスタ≫が盛大に開催されました。 
当社もグループで、たこ焼き、ガラガラ抽選大会などを催し、地域住民の方々に大変ご満足いただきました。⇒ 当日の模様
2016年8月
環境マネジメントシステム ISO 14001 の新規格である2015年版を認証取得しました。
2016年7月
ウェブサイトをリニューアルしました。
2016年7月
株式会社天馬の全営業所・出張所での無事故日数 800日を達成しました。
2016年4月
吹田市青葉丘北に24時間受入可能な無人古紙回収ステーション「ECOボックス」を開設しました。 ⇒ ご案内はこちら
2016年1月
15日付で、当社の 石原 永明 が代表取締役社長に就任しましたのでお知らせ致します。
2015年11月
3日、当社リサイクルセンター豊中の地元で、製紙原料の納入先でもある福山製紙にて≪福山サンクスフェスタ≫が盛大に開催されました。 
当社もグループで、たこ焼き、ガラガラ抽選大会などを催し、地域住民の方々に大変ご満足いただきました。 ⇒ 当日の模様

サポート情報(FAQ)

サービス関連

Q.回収エリアを教えてください。

A.大阪府内、京阪神エリアを中心に、関西圏でしたら弊社のネットワークを通じて回収可能です。

Q.すべて有価物として買取又はリサイクル可能ですか?

A.弊社の営業担当より、買取できるもの、リサイクルできるもの、できないものも含め、出来る限りご要望にお応えできるように、ご提案させていただきます。 お気軽にご相談ください。

Q.機密書類や廃棄書類の処理を検討しているのですが

A.現在、焼却処理又は高額な処理費用をお支払しているようでしたら、一度ご相談ください。弊社では、お客様の様々のニーズにお応えしたプランニングで、貴社のリサイクル活動に貢献します。

Q.機密書類又は廃棄書類の分別方法を教えてください。

A.直接溶解処理と破砕処理とでは分別方法は異なりますが、破砕処理でしたら基本的に書類に付随しているファイル、バインダー、紐などは取り除く必要ありません。 但し、電池類などの電化製品、事務用具等の混入は、機械の故障又は事故の原因となりますので取り除いてください。

Q.社内の規定で、古紙の金銭での売却はできないのですが

A.弊社では買取以外にも、コピー用紙、トイレットペーパー、段ボール箱等のリサイクル製品でのご提供も行っています。


その他

Q.紙のリサイクルのしくみについて知りたいのですが

A.こちらのリンクサイトでお調べできます。


バナースペース